Notice: Undefined offset: 0 in /var/www/vhosts/fukui.keifuku-hotels.com/httpdocs/news/detail/index.php on line 26 遅ればながら、6月のBGM | | スタッフブログ フクブクロ | ホテル京福 福井駅前

スタッフブログ フクブクロ


2013年06月19日

遅ればながら、6月のBGM

クララnote です。

いつの間にやら、もう6月の3分の2終わってしまいましたねcoldsweats01

いまさらではございますが、6月のBGMのご紹介です。

6月といえば、梅雨rain、 あじさい、 かたつむりsnail、 そしてshine女性の憧れのジューンブライドhappy02

とゆうことで、今月は某結婚式場が企画しました結婚式でよく使われるクラシック音楽の特集CDを

皆様におとどけしようと思っておりました。

ええ、思って『おりました』と過去形です。

勘の良い方はもうお分かりかもしれませんね。

そうです。

また気難しいCDプレーヤーに却下されてしまいましたshock

急遽、清塚信也さんの『ぐっすり眠れるピアノ』と交代です。

この清塚さんのCDもなかなか良いんですよ。

フロントスタッフの1人が「このCD、なんか素敵ですよねhappy01」と聞きほれていましたもん。

 

でも、クララnote は6月にはウエディングソングをかけたかったんですcrying

 

そこで、せっかくですので、少しだけ結婚式ネタを・・・

皆さんは結婚式の曲といえば何を思い浮かべますか?

有名なところで、3本のトランペットで「パパパパーン」と華やかに始まるメンデルスゾーンの結婚行進曲や

ワーグナーの合唱付きの結婚行進曲なんかが出てきませんでしたか?

両方とも同じ曲名ですが、趣が違ってそれぞれ良いですよね。

メンデルスゾーンの方は、喜びいっぱい happy02でライスシャワーだのブーケトスだのガータトスだの

何でもOKheart02って感じで、まさにお祭り騒ぎの雰囲気がしますね。

一方、ワーグナーの方は厳かな雰囲気で、『そもそも結婚式って儀式だったんだよね』と

思わせてくれる感じです。

そして、ちょっぴり寂しい感じがするのは何故か?  

クララnote が思うには、永年慈しんで育ててきた可愛い娘を嫁に出す御両親(特にお父さん)の

若い夫婦のこれからを祝福する気持ちと共に、明日からは家に帰っても元気な娘の顔を見れない寂しさが

隠しきれないからではないかしら?と。

ヴァージンロードをお父さんと娘が腕を組んで歩きながら、

娘は早く新郎のところに着きた~いhappy02と思い、

お父さんは一歩ずつ進みながら心の中では娘にお別れをしなければならないthink

このヴァージンロードがはてしなく続いていれば、ずっと一緒にいれるのにsweat02・・・と思いながら。

 

世の結婚を控えたカップルの方々、今の幸せがあるのは、ご両親の慈しみがあっての事ですからね、

ご両親に感謝感謝confident

そして、結婚するお2人も、送り出すご家族も、み~んな幸せになぁれwink

 




PAGE TOP