スタッフブログ フクブクロ


2012年09月05日

今日も問われた「福井の名産って何?」

ホテルのレストラン桜木で、お客さまに問われた「福井の名産って?何がおススメですか?」のお声。

銘菓や越前塗の木工品、地酒(これは持って帰るにはちょっと重いですね)、日本海沿岸県としての海産物、いろいろあります。

では今回は、雲丹(うに)をご紹介させてください。

雲丹はお酒の肴に、例えばお箸の先につけてちびりちびりと召し上がるもの。安くて量も多いといったものではありませんが、是非、大人の方に召し上がっていただきたい「福井の名産」物だと思います。

この写真は、JR福井駅構内続きのプリズムの中に出店している、江戸時代からの老舗天たつさんで撮らせていただきました。(福井の人はよくここの雲丹を贈答品に使っていらっしゃるようですよ。)

 ただ、お酒を召し上がらない方には苦手の味かもしれません、、。(福刀自は大好き!)


2012年09月10日

市価の4割引き程!のちゃんとした観光タクシーをご紹介

福井を訪れられ、ふっと1・2時間福井駅周辺で時間が余った時、どう過ごされますか?

当ホテルでは、ゆっくり福井駅周辺を散策する観光マップもそろえておりますし、自転車も無料でお貸ししております。

が、「限られた時間内で、もっとさくさく観光地を廻りたい」「ほどほどの人数できてるので、楽に観光地を楽しみたい」「体力が不安なので交通機関だと疲れる」という方々には、福刀自、おススメのプランがあります。

それは、福井交通(株)さんが(社)福井県観光連盟とタイアップして始めている「越前周遊観光タクシープラン」です。

例えば、ホテル前まで迎えにきてくれて2時間で一乗谷朝倉氏遺跡と養浩館をまわって小型タクシー1台で6300円です。他にも2、5時間コースから4時間コース迄あります。
時間を使いバスや電車と足でまわる方が当然お安いですが、上記の条件の場合は絶対これは値段的にも相当お得です。福井県の観光おもてなし認定ドライバーがきてくれますし。

写真は3時間コースにはいっている日本最古の天守閣をもつ丸岡城です。

 くわしくはこれで⇒http://www.fuku-e.com/fukuitu/download/pdf/146_147p.pdf

 お問い合わせは福井県観光連盟(0776-23-3789)か福井交通さんへどうぞ。


2012年09月01日

相当お得な連泊プランをご用意!

だんだん秋のきざし、ですね。
昨晩の福井の満月は本当にきれいでした。

さて当ホテルでは、大変リーズナブルな3連泊以上の方用のプランがございます。

お掃除やシーツの取り換えが3日に1度になりますが、その分お値段はぐっと抑えて1泊4500円に。
ちゃんとアメニティの交換やごみ捨ては毎日いたしますので、ご不自由はあまりないのではないかと思います。

お仕事の関係でしょうか、このプランにも常連の方がおられます。

親戚の結婚式等で福井にいらして、久しぶりにゆっくりと福井の親戚とお付き合いしたいから、という方も。

そうそう、転勤や入学で、しばらくお家が定まらないのでというお客さまが、ご利用なさる事もございます。

どうぞ、ご機会がございましたらご利用くださいませ。(福刀自、ぺこり)
連泊プランについては、これでお確かめ下さい。⇒http://terminalhotel-fukui.co.jp/plan_sudomari/3nights.html 
 


2012年08月31日

福井駅前で越前和紙の恐竜ペーパークラフト発見。お土産にいかがでしょう。

JR福井駅西口から徒歩3分ぐらいに(当ホテルからだと4・5分の所で、柴田神社に行く途中にあります)「戦国の館」という休憩所があります。

福井にゆかりのある武将の肖像画や当時の物語やら、鎧やお城のペーパークラフトが展示されています。

でも、福刀自にはこれが、1番おもしろかったなあ。ここには、恐竜のペーパークラフトが越前和紙で作って売っているのです。名づけて「ワシノザウルス」ですって。表面もわざとぼこぼこにしてあり、子供より大人むけかも。ミニ版が750円で売っていました。(制作はご自分で、です。)

残念ながら、この写真のはミニ版のではありません。(念のため~)(これが、1番可愛かったので、パチリ撮りました。)
 



 



 


2012年08月31日

仏教王国福井の風習のご紹介

この猫は、福井駅前のカバン屋さんの箱入り猫です。珍しくお店の中から外をうかがっていたいたので、パチリ。

では、本題です。福井は(全くの福刀自の独断ですが)仏教がさかんな土地柄だと思います。

1度お亡くなりになった家族のいるお家では25年間、月々にお寺さん(といいます)にお経あげに来ていただくのは、決して珍しい事ではありません。(さすがに、そういうお家は減っているようですが。)

その他に、お盆や「ほんこさん」(報恩講の事でしょう)や法事ありで(50回忌するお家も)、福井県生まれのはずの福刀自も、始めなにも知らなくてびっくりでした。(北陸の方は、それがどうしたの?当たり前じゃないの、と思われるかもしれませんが。)

福刀自の若かりし頃、藩主松平忠直卿の法事に福井の地に各地の「松平さま」がいらしたと聞いた事があります。
だーっ、忠直卿って徳川家康の孫で江戸時代初期の方ですよー。いったい何回忌だったのでしょう。すごいわあー。
 



 


全312件中、106 ~ 110件目を表示   19, 20, 21, 22, 23, 24, 25, ... 63

≪前の5件 次の5件≫



PAGE TOP