スタッフブログ フクブクロ


2012年09月22日

福井駅前で本格的な越前蕎麦とご飯ですか?では福そばさんでしょうか。

越前蕎麦(えちぜんそば)は、絶対日本中どこにも負けないおいしさだと、お蕎麦大好きな福刀自は心中深~く思っているのですが、その越前蕎麦のお店が、福井駅前ではあまりありません。

で、ご紹介。
この写真は福井駅西口から徒歩4分ぐらいの福そばさんです。
本日、栗ご飯とおろし蕎麦セットで880円でした。
福刀自がこのお店に感心するのは、お蕎麦がホントにおいしいだけでなく、ご飯も漬物もお茶にいたるまで手をぬかず美味しいこと。

福刀自の親戚で一人、福井に帰るとここでお蕎麦食べて「福井に帰ってきた~」とつぶやく人もいるぐらいです。

という訳でご紹介させていただきました。是非、ご賞味あれ。
福そばさんの場所等はこれでご確認を。⇒http://r.gnavi.co.jp/r104300/ 



 


 


2012年09月20日

夜の福井の楽しみ方?うーん難問です。

うーん、夜の福井の楽しみ方ですか?
いやはや福刀自には、難問すぎるご質問です。

車なら夜の日本海沿いのドライブ?(夜はおやめなさいませ。ちと危ないです。)

散策なら、福井城址周辺、お堀とよばれている内堀周辺の散策?これはおススメです。が、お堀の奥の江戸時代からの大井戸までは、夜の探検はおススメいたしません。そこまで行くと真っ暗ですので。

地酒と地魚で一杯?なら、1人か2人で静かに食べたり飲んだりの店、わいわいがやがやで飲む店、初めてでもリラックスできる店、福井駅周辺・当ホテル周辺で福刀自の知っているだけでも色々あります。それについては8月21日のブログを(ブログ一覧のカレンダーから)のぞいてみてくださいませね。

そうそう!福井は空が本当にきれいで、お月さまがどこからも良く見えます!
ちらっとそんな夜景を見ながら、当ホテル真ん前の桜木図書館で夜過ごすのが、個人的に福刀自の場合は好きです。

ああ、やっぱり難問でした!なにやらとりとめなく書き、失礼いたしました、、、。
どうぞ、福井を楽しまれますように。



 



 


 


2012年09月19日

江戸時代から灯をともし続けてきた新田義貞の塚

福井市民には「新田塚」と言われている新田義貞公の塚を、ご紹介いたします。

えー?新田義貞って鎌倉幕府と敵対した武将で、それがなんで江戸時代から祀ってあるの?と思われた方、鋭い。
この新田塚は江戸時代初期水田で、お百姓さんが兜を発掘しちゃった場所なのです。それを当時の福井藩の軍事学者が調べ「これは新田義貞公の遺品である」と。(この写真の場所あたりで討ち取られたらしいです。)それで君主の松平公が、この写真の形にしたわけです。

その兜自体は、福井市郷土歴史博物館の常設展に時々展示されています。
その兜の形が、結構ユニーク。(新田義貞公て、頭の形が随分変わっていたのねえ、、、というのが福刀自の正直な感想なり。)

このあたりは今でも新田塚1丁目とか2丁目とかの地名なのです。
そしてこうやって今も毎日、灯をともされ続けているのです。福井のモンは律儀(りちぎ)なのです、、、。

 


2012年09月18日

車イスの場合の観光タクシーなら、これをおススメ!

この写真は、当ホテルのバリアフリーのお部屋です。
当然、お風呂やトイレもそのように設備されております。

福刀自も、このお部屋のお客さまに、ベットから車イスに移動するのを手伝ってさしあげた事があります。
(福刀自は新人の頃だったので、ちょっとどきどきしたのを思い出します。)
フロントスタッフでは他に、お風呂の温度を確かめてさしあげた者も。 

車イスのお客さま以外でも「膝が曲がりにくいから、この部屋が1番楽だ。」とおっしゃるお客さまもおられました。

どうぞ、いつでも、お手伝いできる事があったら、おっしゃってくださいませね!

さて、表題の観光タクシーの話にもどります。
車イスの場合、福井交通株式会社さんのプチ観光タクシープランというのが、福刀自はおススメです。
小型タクシーも車イス用タクシーもあり、予約で当ホテルまで迎えにきてくれます。
2時間コースと3時間コースがあり、お値段もリーズナブルだと思います。
確かな事は、これでお確かめくださいませ。⇒http://www.fukui-kotsu.jp/taxi/kankoutaxi.html

いろいろな形で旅を楽しんでいただけたらと思い、ご紹介させていただきました~。
 


 


2012年09月17日

休題  福井のカリスマ大先輩からいただいた助言。

この写真は、北陸の小京都と言われる福井県大野市の寺町通りで撮ったものです。
大野市は四方を山に囲まれた静かなまちで、その山の上から大野城が下を見下ろしています。

この町については今度、また、、。

さて、先日福刀自は、福井のサービス業の業界において「先生」と呼ばれている方と偶然お話する機会に恵まれました。

すらっとした長身のハンサムな紳士で(お年が90歳とは全くみえない!)、二言三言世間話をお話しただけなのですが、福刀自の手を包み込まれるようにさすり「ふんわり生きなさい」とのアドバイス!

さすがいつも皆が尊敬の念でお迎えする方だと、福刀自、感服!!すっごいパワーの方っておられるものなのですねえ。

福刀自、人生のこういったハプニング、大好きです!

たまにはこんなお話もお許しくださいな。

皆さまは?
 



 



 



 


全312件中、91 ~ 95件目を表示   16, 17, 18, 19, 20, 21, 22, ... 63

≪前の5件 次の5件≫



PAGE TOP